囲碁公開対局
本因坊丈和
本因坊丈和
囲碁サロン丈和碁楽館
囲碁サロン丈和碁楽館

丈和出生地杯

沼津の誇りを称え!

お知らせ 丈和出生地杯 本因坊丈和

沼津の誇りを称え! 12月10日、静岡県沼津市西浦木負において「十二世本因坊丈和出生の地」の記念碑が完成し、糊烈除幕式が執り行われた大沼明穂沼津市長ら12人の手によって幕が引かれ、富士山を正面に望む4点の碑がお披露目された。中央には本因坊の流れをむ二十五世本因坊治勲の揮毫による「丈和出生の地」の碑が立ち、その両サイドに丈和の功績、「吐血の局」の棋譜が並べ最た石の碁盤とてれを解説した碑が置かれた。 碑を建立するにあたって中心的な役割を果たした日本棋院沼津支部の菅沼毅支部長によると丈和の囲碁殿堂入りがきつかけであり、また「諸説あった丈和の出生地が、大澤永弘氏による著書 『本因坊丈和出自考』によって木負村が真の出生地である事が明らかにされたが、残されている物が無いので、後世に伝えるために生家のそばに碑を建立する事を決意し、平成22年から取り組み始めた。そのために寄附していただいた182名に惑謝したい」と述べた。 謝したい除幕式の後は淡島ホテル(沼津市)に会場を移し祝賀会が催された。ホテルは駿河湾に浮かぶ無人島「淡島」にあり沼津が舞台のアニメ「ラブライブ!サンシャイン11:」のキャラクターでラッピングされた渡し船で結ばれている。会場では本因坊治勲が徹夜で碑の文字を書き上げた話が披露された。また丈和を知る沼津市民はまだ少ないので、これをきっかけに、碑が新たな囲碁史跡として文化財となり、囲碁のまち沼津をアピールしていこうということで盛り上った。 本因坊丈和天明7(1787)年S弘化4 1847)年第十二世本因坊。江戸時代囲碁界の最高地位である名人碁所に就位。松平周防守邸での碁会における赤星因徹との対局が有名(吐血の局、丈和の三妙手)著書に 『国技観光』があ (齊藤) 週間碁 1日ー8日1月   เครือข่ายโลกหมากล้อม จงชื่นชมความภาคภูมิใจแห่งนูมาซึ พิธีเปิดอนุสาวรีย์ “สถานที่เกิดของฮงอิมโบ โจวะ” ผู้มีส่วนเกี่ยวข้องต่างเร่งรีบมากันอย่างพร้อมหน้า เพื่อฉลองที่อนุสาวรีย์สร้างเสร็จสมบูรณ์ และถ่ายภาพเป็นที่ระลึก อนุสาวรีย์ “สถานที่เกิดของฮงอิมโบ โจวะ ฮงอิมโบรุ่นที่ 12” เมื่อวันที่ 10 ธันวาคม ณ นิชิอุระคิโช…

続きを読む

囲碁・本因坊丈和の功績たたえ石碑 沼津の出生地で除幕式

お知らせ 丈和出生地杯 本因坊丈和

日本棋院沼津支部(菅沼毅支部長)は10日、沼津市西浦木負出身の名棋士12世本因坊丈和(じょうわ、1787~1847年)の功績をたたえる「出生の地の碑」の除幕式を丈和の生家近くで開いた。 建立したのは、25世本因坊の趙治勲氏が書いた「丈和出生の地」の文字を彫った石碑と、「名人碁所」の地位を懸けて行われた歴史的に有名な一局「吐血の局」の様子を記した石碑など4点。 除幕式には大沼明穂市長や日本棋院の関係者ら約30人が出席した。司会の合図で関係者が白い幕を引き、石碑をお披露目した。菅沼支部長は「碑が囲碁の普及と伝承、沼津市の観光振興の一助になればうれしい」とあいさつした。 丈和は、41歳で江戸時代の四大碁家の一つである本因坊の12世を襲名。4年後に碁家を統括する「碁所」のトップ、名人碁所に就いた。出生地は諸説あったが、のちの研究で沼津市と分かった。 棋院沼津支部は4月から9月まで募金を行い、地元住民をはじめ、全国から約270万円が寄せられた。伊豆市の石材会社「山口石材」に制作を依頼し、11月30日に完成した。

続きを読む

平成26年9月度 丈和出生地杯 参加者募集!

お知らせ 丈和出生地杯

No Image

平成26年9月7日、丈和出生地杯を開催します。丈和出生地杯は、毎月第1日曜日に開催している定例囲碁大会です。

続きを読む

平成26年6月度 丈和出生地杯のご報告

丈和出生地杯

No Image

平成26年6月1日、丈和出生地杯を開催しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

続きを読む

平成26年4月度 丈和出生地杯のご報告

丈和出生地杯

No Image

平成26年4月6日、丈和出生地杯を開催しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

続きを読む

1 2 3 4 5 >