囲碁公開対局
本因坊丈和
本因坊丈和
囲碁サロン丈和碁楽館
囲碁サロン丈和碁楽館

囲碁公開対局

佐藤静岡県アマ、井山碁聖下す 囲碁模範対局、終盤に妙手

お知らせ 囲碁公開対局 沼津夏祭り囲碁公開対局

碁聖タイトル保持者のプロと静岡県アマチュア選手権者が対局する「囲碁公開模範対局」(静岡新聞社・静岡放送主催、日本棋院県支部連合会協力)が14日、静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館で開かれた。佐藤洸矢県アマチュア選手権者(25)が井山裕太碁聖(28)に2子局で挑戦し、122手で中押し勝ちした。 井山碁聖の2度目の7冠同時制覇を懸けた名人戦第5局(16、17日、熱海市)を前に行われた一局。対局室の隣の会場では、瀬戸大樹八段と平岡由里子アマ六段による大盤解説とともに対局がテレビ中継され、囲碁ファン160人が熱い視線を送った。 対局は、持ち時間各50分を使い切った後は一手30秒の秒読みで行われた。井山碁聖に5度目の挑戦となる佐藤さんは対局前、「慣れてきた感じはある。自分の囲碁をしたい」と話していた。互角の序盤から、細かいミスが出て流れを失い掛けたが、終盤に差し掛かって「ハサミツケ」の72手目が妙手に。一気に流れを引き寄せて押し切った。 対局後、井山碁聖は「(72手目が)しびれた。あんなにうまい手を打たれては」と感服した様子。「名人戦で鬱憤(うっぷん)を晴らしたい」と冗談交じりに話した。佐藤さんは「内容は良くなかったが、勝ててうれしい。来年もこの舞台に立てるよう頑張る」と喜びを語った。 静岡新聞 平成29年10月15日 On August 14, at Shizuoka Shimbun Suruga Ward, Shizuoka City. Sato Koya (25), prefecture amateur champion challenged with Iyama Yuta (28), Gosei title, with…

続きを読む

囲碁公開模範対局大盤解説会観覧者募集

お知らせ 囲碁公開対局

囲碁公開模範対局 大盤解説会観覧者募集 井山裕太碁聖=写真=に、静岡県アマチュア選手権者・佐藤洸矢氏が挑戦する。 【時・所】10月14日(土)午後1時半(受け付け午後1時)▽静岡新聞放送会館18階 【解説】瀬戸大樹八段 【聞き手】平岡由里子アマ六段 【定員】120人 【申し込み】はがきに、郵便番号、住所氏名、年齢、電話番号、希望人数(3人まで)を明記し、422-8670(住所不要)静岡新聞社・静岡放送事業部「囲碁公開模範対局」係へ。※応募多数の場合は、抽選の上、当選者のみに入場整理券をお送りします。 【締め切り】9月29日(金)必着 【問い合わせ】静岡新聞社・静岡放送事業部<電054(281)9010>(土日祝日を除く午前9時〜午後5時) 静岡新聞 2017年8月31日 Go public model opponent Invited viewer for commentary meeting Mr. Sato Koya, a Shizuoka prefecture amateur champion, will…

続きを読む

佐藤さん(沼津)連覇 日本代表決定戦出場へ 静岡県囲碁選手権

お知らせ 囲碁公開対局

静岡県囲碁選手権大会(静岡新聞社・静岡放送主催)が9日、静岡市葵区の碁会所「爛柯(らんか)」で開かれた。沼津市の佐藤洸矢さん(24)が浜松市北区の三沢健太郎さん(51)との決勝戦を制し、2年連続5回目の優勝を果たした。 県内12地区の予選を勝ち抜いた31人と昨年覇者の佐藤さんがトーナメント方式で競った。参加者は40分間(決勝は50分間)の持ち時間で盤上の戦いを繰り広げた。決勝戦では、中盤で優勢になった佐藤さんが三沢さんの追い上げに冷静に対処し終局を迎えた。 佐藤さんは9月に東京都で開かれる世界アマチュア囲碁選手権日本代表決定戦に出場する。静岡市内で秋に開かれる碁聖との公開模擬対局の出場も決まった。「集中を切らさず思い通りに打てた。全国でも優勝を目指したい」と抱負を語った。 静岡新聞 2017年7月10日   Shizuoka Prefecture GO Championship (sponsored by Shizuoka Shimbun / Shizuoka Broadcasting) was held on 9th at the Go Council of Aoi Ward in Shizuoka…

続きを読む

第63回アマチュア本因坊戦 囲碁 県大会 佐藤さん連覇 8月全国へ 日吉さんに競り勝つ /静岡

お知らせ 囲碁公開対局

アマチュア囲碁日本一を決める「第63回全日本アマチュア本因坊決定戦」の県大会(毎日新聞社、日本棋院主催、関西棋院後援、アフラック特別協賛、スターツグループ、滝久雄協賛)が18日、静岡市葵区の碁席「爛柯(らんか)」で行われた。  32人がトーナメント形式で対戦。決勝は、昨年に続いて佐藤洸矢さん(24)=沼津市=と日吉勇史さん(46)=静岡市=という、囲碁インストラクター同士の対局となり、佐藤さんが競り勝った。  3位は医師の三澤健太郎さん(51)=浜松市=と、同志社大4年の鈴木恵斗さん(23)=磐田市。  佐藤さんは8月19、20日に日本棋院会館(東京・市ケ谷)で開かれる全国大会に出場する。2年連続4回目の出場となる佐藤さんは2013年に準優勝している。「今日の決勝は途中で読みを誤って負けを覚悟したが、粘って運良く勝てた。全国大会は慎重に戦い、優勝を目指します」と話した。【渡辺暖】 毎日新聞 2017年6月19日 https://mainichi.jp/articles/20170619/ddl/k22/040/166000c On 2017 June 18th, there is an amateur GO tournament in Aoi city, Shizuoka, named the 63th Japan Honinbo Amateur Championship (Sponsored by Mainichi…

続きを読む

平成28年度 井山碁聖、佐藤県アマ下す 囲碁公開対局

お知らせ 囲碁公開対局 沼津夏祭り囲碁公開対局

碁聖タイトル保持者のプロに県アマチュア選手権者が挑戦する「囲碁公開模範対局」(静岡新聞社・静岡放送主催、日本棋院県支部連合会協力)が13日、静岡市駿河区登呂の静岡新聞放送会館で開かれた。井山裕太碁聖(27)と佐藤洸矢県アマチュア選手権者(24)=沼津市=が対局し、井山碁聖が153手で中押し勝ちした。 対局は2子局で、持ち時間は各50分。持ち時間を使い切った後は一手30秒の秒読みになる。 7月の県囲碁選手権大会で4度目の優勝を飾って井山碁聖への挑戦権を得た佐藤さんは、序盤から積極的に仕掛けて順調な立ち上がりを見せた。しかし、難解な読み合いから井山碁聖が佐藤さんのミスを逃さずに攻め、優位な展開に持ち込んだ。 佐藤さんとの公開模範対局が4度目となった井山碁聖は「互いに攻め合うスリリングでおもしろい展開になった」と振り返った。4年ぶりの勝利を狙った佐藤さんは「序盤は予想通りに進んだが、力が足りなかった。もっと力を付けたい」と話した。 瀬戸大樹八段と平岡由里子アマ六段による大盤解説も行われた。 静岡新聞 2016/11/14 http://www.at-s.com/news/article/culture/shizuoka/301100.html   In 13th November 2016, There is a game between Sato koya Shizuoka Amateur Champion and Iyama Yuta 9 dan Professional player…

続きを読む

1