12世本因坊丈和囲碁まつりin沼津
囲碁公開対局
本因坊丈和
本因坊丈和
囲碁サロン丈和碁楽館
囲碁サロン丈和碁楽館

平成28年度 井山碁聖、佐藤県アマ下す 囲碁公開対局

お知らせ 囲碁公開対局 沼津夏祭り囲碁公開対局

碁聖タイトル保持者のプロに県アマチュア選手権者が挑戦する「囲碁公開模範対局」(静岡新聞社・静岡放送主催、日本棋院県支部連合会協力)が13日、静岡市駿河区登呂の静岡新聞放送会館で開かれた。井山裕太碁聖(27)と佐藤洸矢県アマチュア選手権者(24)=沼津市=が対局し、井山碁聖が153手で中押し勝ちした。
対局は2子局で、持ち時間は各50分。持ち時間を使い切った後は一手30秒の秒読みになる。
7月の県囲碁選手権大会で4度目の優勝を飾って井山碁聖への挑戦権を得た佐藤さんは、序盤から積極的に仕掛けて順調な立ち上がりを見せた。しかし、難解な読み合いから井山碁聖が佐藤さんのミスを逃さずに攻め、優位な展開に持ち込んだ。
佐藤さんとの公開模範対局が4度目となった井山碁聖は「互いに攻め合うスリリングでおもしろい展開になった」と振り返った。4年ぶりの勝利を狙った佐藤さんは「序盤は予想通りに進んだが、力が足りなかった。もっと力を付けたい」と話した。
瀬戸大樹八段と平岡由里子アマ六段による大盤解説も行われた。

静岡新聞 2016/11/14

http://www.at-s.com/news/article/culture/shizuoka/301100.html

 

In 13th November 2016, There is a game between Sato koya Shizuoka Amateur Champion and Iyama Yuta 9 dan Professional player with 6 titles. In this game, Iyama yuta has won by resigned in move 153.

The game started with 2 stones handicap, 50 minutes for each player and 30 seconds byoyomi.

Mr. Sato, who got the challenges to Iyama Yuta for the 4th times, had started with aggressive and showed a good start. After Mr.Sato’s mistake, Iyama yuta had counter attack back and brought it to the advantageous development.

Iyama Yuta said “It turned out to be an interesting development with thrilling”

Mr. Sato, who aimed at victory for the first time in the first year of all four year said “The early stage advanced according to expectations, but I was not strong enough to be a winner.

The commentation was also conducted by Seto Taiki pro 8 dan and Hiraoka Yuriko Amateur 6 dan.

News: Shizuoka News 2016/11/14

 

 

« »